fkdm8のパワプロ日記

現在オーペナハマり中(2021年1月)。主にパワプロ、プロスピについて拙い文章で書いてます。ごく稀に再現選手も。

パワプロ2020 作成選手

埼玉西武ライオンズ

野手

浅村栄斗(2018)

森友哉(キャッチャーD 外野適正無しver)

栗山巧(2020)

福岡ソフトバンクホークス

野手

栗原陵矢(2020)

東北楽天ゴールデンイーグルス

野手

浅村栄斗(2020)

北海道日本ハムファイターズ

野手

中田翔(2020)

オリックス・バファローズ

野手

李大浩(2013)

吉田正尚(2020)

 

読売ジャイアンツ

野手

高橋由伸(2007)

坂本勇人(2020)

岡本和真(2020)

横浜DeNAベイスターズ

野手

トニ・ブランコ(2013)

梶谷隆幸(2020)

佐野恵太(2020)

ネフタリ・ソト(2020)

阪神タイガース

投手

馬場皐輔(2020)

野手

鳥谷敬(2005)

矢野輝弘(2005)

今岡誠(2005)

マウロ・ゴメス(2014)

福留孝介(2017)

糸井嘉男(2017)

ウィリン・ロサリオ(2018)

木浪聖也(2020)

大山悠輔(2020)

近本光司(2020)

糸井嘉男(2020)

糸原健斗(2020)

小幡竜平(2020)

ジャスティン・ボーア(2020)

ジェリー・サンズ(2020)

広島東洋カープ

野手

堂林翔太(2020)

中日ドラゴンズ

野手

大島洋平(2020)

東京ヤクルトスワローズ

野手

青木宣親(2020)

坂口智隆(2020)

村上宗隆(2020)

佐藤輝明(2021) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13600 81693 16846

f:id:fkdm8:20210516102716j:image
f:id:fkdm8:20210516102712j:image
f:id:fkdm8:20210516102720j:image

佐藤輝明(1999年3月13日生)

仁川学院高等学校-近畿大学-阪神タイガース (2021-)

2021年成績 39試合 .280 10本 31打点 OPS.893(5月15日時点)

 

虎の怪物ルーキー。開幕直後は息を吐くように三振を繰り返し苦しんでいたが、カード2回り目あたりから徐々に打席内容が改善され、離脱した大山の穴をしっかりと埋める活躍。気が付けば本塁打でリーグ1位、打点は同2位、さらに打率も.280に乗せるなどルーキーらしからぬ4番らしい成績を残している。

 

菊池涼介(2021) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13800 51642 62236

f:id:fkdm8:20210513232349j:image
f:id:fkdm8:20210513232354j:image
f:id:fkdm8:20210513232359j:image

菊池涼介(1990年3月11日生)

武蔵工業大学第二高等学校-中京学院大学-広島東洋カープ (2012-)

2021年成績 38試合 .353 5本 14打点 OPS.900(5月14日時点)

 

セのリーディングヒッター。昨年は二塁手として史上初となるシーズン守備率10割(無失策)を達成。一方で打撃面ではここ数年なかなか打率を残せないシーズンが続いたが今年は開幕から安打を量産している。5年ぶりの打率3割、最多安打のタイトル獲得となるか。

山田哲人(2021) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13500 81672 58168

f:id:fkdm8:20210513233350j:image
f:id:fkdm8:20210513233346j:image
f:id:fkdm8:20210513233354j:image

山田哲人(1992年7月16日生)

履正社高等学校-東京ヤクルトスワローズ (2011-)

2021年成績 32試合 .269 10本 23打点 OPS.000(5月13日時点)

 

ミスタートリプルスリー。昨シーズンは上半身のコンディション不良により登録抹消も経験。レギュラー定着以降最低の数字に終わったがオフには7年契約を結んだ。チームキャプテンに就任し巻き返しを図る今シーズンは特例2021での抹消や下半身のコンディション不良もありながらチームメイトの村上、阪神・佐藤輝と並ぶリーグトップの10本塁打を記録している。

牧秀悟(2021) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13200 91642 55146

f:id:fkdm8:20210513193854j:image
f:id:fkdm8:20210513193857j:image
f:id:fkdm8:20210513193850j:image

牧秀悟(1998年4月21日生)

松本第一高等学校-中央大学-横浜DeNAベイスターズ (2021-)

2021年成績 40試合 .279 8本 25打点 OPS.842(5月13日時点)

 

ルーキーながら開幕スタメンに名を連ねると、開幕から打ちまくり主軸として大活躍。ソトの来日によりファーストからセカンドへと守備位置を移した影響もあるのか一時期より若干調子を落とし気味ではあるが、ルーキーとして十分すぎる成績を残している。

 

f:id:fkdm8:20210513193721j:image

欲しかったよ…

 

 

菊池涼介(2013) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13500 71632 03833

f:id:fkdm8:20210511125435j:image
f:id:fkdm8:20210511125443j:image
f:id:fkdm8:20210511125439j:image

菊池涼介(1990年3月11日生)

武蔵工業大学第二高等学校-中京学院大学-広島東洋カープ (2012-)

2013年成績 141試合 .247 11本 57打点 OPS.671

 

破天荒忍者。入団2年目の2013年は開幕スタメンを勝ち取りレギュラーに定着。打率は規定到達打者でワースト2位だが2桁本塁打を放つパンチ力と、リーグ1位の50犠打を記録する小技を兼ね備えチームとして16年ぶりのAクラス入りに貢献した。リーグ最多の18失策を記録しながらも広大な守備範囲で528補殺を記録し二塁手のシーズン最多記録を更新。

丸佳浩(2018) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13100 91601 99606

f:id:fkdm8:20210511030243j:image
f:id:fkdm8:20210511030247j:image
f:id:fkdm8:20210511030240j:image

丸佳浩(1989年4月11日生)

千葉経済大学附属高等学校-広島東洋カープ (2008-2018)-読売ジャイアンツ (2019-)

2018年成績 125試合 .306 39本 97打点 OPS1.096

 

開幕から絶好調だったが4月下旬に故障し約1ヶ月戦線を離脱。復帰後も調子をキープし結果的に39本塁打を放った。2本差で横浜・ソトに及ばなかったが前年の23本塁打を大きく上回りキャリアハイの成績を残した。チームのリーグ3連覇に貢献し、リーグMVPに輝いた。この年記録した130四球は1〜3位を独占する王貞治氏に次ぐ歴代4位、出塁率.468の同8位も驚異の成績。

新井貴浩(2016) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13400 01671 89908

f:id:fkdm8:20210510210033j:image
f:id:fkdm8:20210510210025j:image
f:id:fkdm8:20210510210029j:image

新井貴浩(1977年1月30日生)

広島県立広島工業高等学校-駒澤大学-広島東洋カープ (1999-2007)-阪神タイガース (2008-2014)-広島東洋カープ (2015-2018)

2016年成績 132試合 .300 19本 101打点 OPS.857

 

25年ぶりのリーグ制覇の立役者。復帰2年目の2016年は「6番・一塁手」で開幕を迎えると打撃が好調だったこともありシーズン途中には4番を多く務めた。結果的に阪神時代の2010年以来6年ぶりに3割100打点をクリアするなどの大活躍。さらに史上初めて「2000本安打・300本塁打・リーグ優勝・リーグMVP」を同一シーズンで達成した。

ジェフリー・マルテ(2021) 【パワプロ2020 パワナンバー】

パワナンバー 13500 61651 66646

f:id:fkdm8:20210509202918j:image
f:id:fkdm8:20210509202922j:image
f:id:fkdm8:20210509202926j:image

ジェフリー・マルテ(1991年6月21日生)

デトロイト・タイガース (2015)-ロサンゼルス・エンゼルス (2016-2018)-阪神タイガース (2019-)

2021年成績 35試合 .276 7本 21打点 OPS.899(5月9日時点)

 

ラパンパラ

鬼の選球眼を持つ頼れる助っ人。昨年はふくらはぎの怪我の影響で29試合の出場に留まったが、オフに下半身をしっかりと強化。オープン戦で4本塁打を放つ活躍を見せると「3番・一塁手」で開幕スタメンに。攻守両面で高い貢献度を見せ、大山・佐藤輝・サンズらと共に強力阪神打線の一角を担っている。

 

デフォに選球眼付いてないのが気に入らなかったので

 

f:id:fkdm8:20210509200030g:image

これ好き

プロ野球順位予想2021(パシフィックリーグ編)

ようやく開幕ですね。

前回のセントラルリーグ編に続いてこちらもやっていきます。

1位 ソフトバンク

f:id:fkdm8:20210308034250j:image

書かなくてもわかるレベル。モイネロ、千賀が開幕に間に合わないが、昨年シーズンの半分以上デスパイネ・グラシアルを欠いた状態で優勝したため今年も大丈夫だろう。周東、栗原ら"2年生"がオープン戦で成績を残せなかったのは少し心配。

 

2位 楽天

f:id:fkdm8:20210308033757j:image

マー君が日本球界に電撃復帰。メジャー移籍以前のような圧倒的な投球とまでいかないだろうが実績のある投手が加わったのは非常に大きい。一方で打線はロメロ、ブラッシュというロングヒッターの退団は大きいだろうが、そこを島内、辰己らオープン戦で結果を残した選手がカバーできるか。

 

3位 ロッテ

f:id:fkdm8:20210308033732j:image

戦力的にはパッとしないがなんだかんだ謎の力でAクラスに入ってきそう。5番・一塁での開幕スタメンが有力視される3年目の山口に期待。

 

4位 西武

f:id:fkdm8:20210308034554j:image

長年の課題である先発不足はやはり改善されていなさそう。ギャレット、平良、増田などのリリーフ陣は強力ながらも、リーグ連覇を果たした18,19年以降徐々に落ちつつある攻撃力でカバーするのはそろそろ苦しいか。オープン戦好調の森、山川ら主軸がシーズンでも復調できるかがチームの命運を左右する。

 

5位 オリックス

f:id:fkdm8:20210308035025j:image

投打の両輪である山本・吉田正に頼りきる形になってしまっていたが、平野佳の日本復帰に加えてロメロが2年ぶりに復帰したことにより多少厚みが出た(来日できていないが)。さらに太田・紅林の二遊間コンビやオープン戦で結果を残した佐野、高卒2年目の左腕・宮城など…楽しみな若手は非常に多いように思える。とはいえまだAクラスに食い込む力があるかと言われると…。

 

6位 日本ハム

f:id:fkdm8:20210308035335j:image

正直戦力的にかなり苦しい。若手がイマイチ育たないことに加えて目立った新戦力の補強もないため正直上がり目が無さそう。とにかく投手、野手共に選手層が薄く絶望的な状況。

 

まあ半分は当たるでしょう(適当)

プロ野球順位予想2021(セントラルリーグ編)

今年もやっていきます。

 

1位 巨人

f:id:fkdm8:20210306184324j:image

まあ盤石では。主砲・岡本のフォームがやたら捻ってるのは若干心配ですが。メジャー挑戦を狙った菅野がなんだかんだで残留して大幅な戦力ダウンは免れた上、FAで梶谷と井納、MLBからスモーク、テームズという実績十分の長距離打者を獲得。しっかり弱点を補った形ですが、仮に新戦力が機能しなくても十分に優勝できる戦力はあると思いますね。

9 梶谷

6 坂本勇人

8 丸

5 岡本

2 大城

3 中島

7 ウィーラー

4 吉川尚

1 菅野

 

2位 阪神

f:id:fkdm8:20210306184703j:image

期待度を高めておきながら優勝できないのがこの球団。KBOからはロハス.Jrとアルカンタラ、さらにロッテとの契約が切れたチェンというなかなかなメンツを補強を行なった阪神ですが、コロナの影響で目玉であるKBO組の来日の目処が立たず。打線でいえばドラ1ルーキーの佐藤輝は非常に楽しみですが個人的には.230 10本ぐらいやってくれれば良いかなくらいの期待度。まあ最終的にチームの鍵を握るのは藤浪だと思ってます。

8 近本

4 糸原

7 佐藤輝

5 大山

3 サンズ

9 高山

2 梅野

6 木浪

1 西

 

3位 ヤクルト

f:id:fkdm8:20210306184218j:image

2年連続最下位のヤクルト。勝ちパターンは清水、マクガフ、守護神・石山など安定してきた。先発はあいかわらず苦しい状況ではあるものの、先日巨人とのトレードで田口を獲得。大幅戦力アップ!とは言えないでしょうが多少はマシになったんじゃないでしょうか。打線はやはり強力。山田が1年間まともに働けばそこそこいけるでしょ(適当)。

8 塩見

7 青木

4 山田

5 村上

3 内川

6 西浦

9 坂口

2 中村

1 小川

 

4位 中日

f:id:fkdm8:20210306183940j:image

昨季は7年ぶりにAクラス入りを果たした中日。エース大野をはじめとした投手陣が引っ張った。守備も固いし攻撃陣も個々の能力は高いと思うので後はしっかり「打線」になるかが鍵。

8 大島

6 京田

4 阿部

3 ビシエド

5 高橋

9 平田

2 木下

7 根尾

1 福谷

 

5位 広島

f:id:fkdm8:20210306185036j:image

そろそろ暗黒臭が漂ってきた。打線の貧弱化は引き続き問題点だが先発陣に関しても計算できるのが2年目の森下のみっていうところが心配。正直この打線で誠也が移籍でもしたらもうね…。

6 田中広

4 菊池

9 鈴木

3 クロン

7 松山

8 西川

5 堂林

2 會澤

1 大瀬良

 

6位 横浜

f:id:fkdm8:20210306183811j:image

昨季は5年間指揮を執ってきたラミレス監督が退任。今季から三浦新監督が就任。2軍監督時代は足を重視した采配だったということもあり攻撃重視だったベイスターズの形を変えることとなるかがポイント。ただ個人的には機動力野球を目標に掲げて上手くいったケースをあまり見たことがない。ちなみに外国人選手が未だ1人も来日できていないという点が最下位予想の理由の一つ。

8 神里

3 田中俊

9 細川

7 佐野

5 宮﨑

4 大和

2 戸柱

6 柴田

1 濱口

 

パ・リーグは…オープン戦見てからにします。