fkdm8のパワプロ日記

主にペナントモードについて拙い文章で書いてます。ごく稀に再現選手も。

福留孝介(2014) 【パワプロ2018 パワナンバー】

パワナンバー 12700 60128 48045

f:id:fkdm8:20191029111715p:image
f:id:fkdm8:20191029111720p:image
f:id:fkdm8:20191029111709p:image

福留孝介(1977年4月26日生)

PL学園高等学校-日本生命-中日ドラゴンズ (1999-2007)-シカゴ・カブス (2008-2011)-クリーブランド・インディアンス (2011)-シカゴ・ホワイトソックス (2012)-阪神タイガース (2013-)

 

2014年成績104試合.253 9本 34打点 OPS.714

(能力はパワプロ2014Ver.1.02版のコピーです)

日本復帰2年目の2014年シーズンは、開幕3戦目でセカンドの西岡と交錯し負傷する。その後、4月29日にはNPB通算200本塁打を達成するが、不調が続き6月10日に2軍落ち。同26日に1軍復帰すると、オープンスタンスへのフォーム改造が功を奏し、7月以降は.290 7本と大活躍。CS1stステージの第1戦では、カープのエース・前田健太から決勝ホームランを放つなど、チームの9年ぶりとなる日本シリーズ進出に貢献した。

西岡剛(2014) 【パワプロ2018 パワナンバー】

ラインの左側を走る男

パワナンバー 12800 50167 69125

f:id:fkdm8:20190910121827p:image
f:id:fkdm8:20190910121812p:image
f:id:fkdm8:20190910121820p:image

西岡剛(1984年7月27日生)

大阪桐蔭高等学校-千葉ロッテマリーンズ (2003-2010)-ミネソタ・ツインズ (2011-2012)-阪神タイガース (2013-2018)-栃木ゴールデンブレーブス (2019-)

 

2014年成績24試合.237 0本 4打点OPS.724

(能力はパワプロ2014Ver.1.02版のコピーです)

TSUTAYA

アメリカ旅行から帰国後、2年目を迎えた2014年シーズンは、開幕3戦目の守備でライト・福留と交錯し大怪我を負う。6月後半に復帰するも、怪我の影響もあり、思うような成績を残せず。ポストシーズンは「1番サード」として日本シリーズ進出に貢献するも、例の守備妨害で一躍”線犯”と呼ばれることに。

現在はBCリーグに所属しているが、余計な言動で度々批判されている。

新井貴浩(2014) 【パワプロ2018 パワナンバー】

パワナンバー 12100 30118 48039

f:id:fkdm8:20190908161316p:image
f:id:fkdm8:20190908161257p:image
f:id:fkdm8:20190908161305p:image

新井貴浩(1977年1月30日生)

広島県立広島工業高等学校-駒澤大学-広島東洋カープ (1999-2007)-阪神タイガース (2008-2014)-広島東洋カープ (2015-2018)

 

2014年成績 94試合 .244 3本 31打点 OPS.639

(能力はパワプロ2014Ver.1.02版のコピーです)

お兄ちゃんのほう
2014年は同じ一塁手の新外国人マウロ・ゴメスが加入。競争となったが、ゴメスが開幕から4番・ファーストに定着。新井は代打中心の起用に。チームは日本シリーズに進出するものの腰痛を発症し出場ならず。結果、移籍後最低の成績となった。シーズン後には大幅減俸を提示され、自由契約を申し出た。

現在は解説者や兄貴分である金本知憲のオモチャとして活躍している。

 

 

 

 

鳥谷敬(2014) 【パワプロ2018 パワナンバー】

「水ですね」

パワナンバー 12300 90157 69126

f:id:fkdm8:20190908142903p:image
f:id:fkdm8:20190908142913p:image
f:id:fkdm8:20190908142922p:image

鳥谷敬(1982年6月26日生)

聖望学園高等学校-早稲田大学-阪神タイガース (2004-)

 

2014年成績 144試合 .313 8本 73打点 OPS.821

(能力はパワプロ2014Ver.1.02版のコピーです)

虎の鉄人

2014年はキャリアハイの打率.313を残し、打点王ゴメス・首位打者マートンと共にクリーンアップを形成した。一方デフェンス面では前年から大きく守備範囲を狭めたものの、失策は僅か5つ(守備率.991)と安定感を見せ、2年連続でGG賞を受賞。

シーズンオフには海外FA権の行使を宣言したが、条件面で折り合いがつかず5年20億でタイガースにに残留した。

5年契約の最終年を迎えた今季はショートでの勝負を直訴したが、代打中心の起用で結果を残せず、球団からの引退勧告を拒否。今季限りでの退団を表明した。

 

 

 

 

7月の阪神タイガースを総括

アップするの忘れてました〜〜〜〜〜

7月成績

22試合(1試合中止)

9勝12敗1分け 勝率.409

 

ようやっとる

予想は

20試合(3試合が雨で中止)

8勝12敗 勝率.400

だったので思ってたよりは頑張ってくれました

 

近本が月間打率.295とサイクルヒットを達成したオールスターを境に調子を取り戻してきたのがポジ要素ですが、梅野は6月を下回る.204とあいかわらず苦しんでます

.250前後をウロチョロしてた糸原が.338とようやく打ち始めました

更に、新外国人ソラーテの獲得もあり攻撃力はアップしたことでしょう

 

ですが、何より心配なのが投手陣

先発

メッセンジャー コンディション不良で帰国

青柳 防御率4.41

岩田 巨人戦で大炎上

リリーフ

能見 7度の登板で7失点→登録抹消

ジョンソン 徐々に捉えられる場面が増える

ドリス 2度のセーブ失敗で登録抹消

 

それでもリリーフはジョンソン、岩崎、藤川、島本、守屋などがいるので保っていますが先発は西と高橋遥ぐらいしか安心して任せられるピッチャーがいないのは寂しい(実際のところ7月で勝ち星の付いた先発投手は岩田、高橋遥、西の3人のみで最多勝はリリーフ島本の3勝)

 

明るい話題

  • 阪神勢がオールスターで大爆発

第1戦では代走で出場した近本が盗塁成功

さらに9回にはプラスワン投票で選出された原口が代打で登場し、山本由伸から2ランホームランを放つ

地元・甲子園で開催された第2戦では近本が先頭打者ホームランを放つと、2回には2試合連続の原口、そして梅野が2者連続でホームランを放ち甲子園はお祭り騒ぎ

近本はその後も二塁打、安打、二塁打三塁打と5安打を放ちサイクルヒットを達成(最終打席は…まあオールスターだし良いでしょう)

投手陣では青柳、ジョンソン、藤川が登板し無失点に抑えるなど、今シーズンの阪神にとってのベストゲームと言っても過言ではないだろう

  • 近本の復調

打線の鍵を握る近本が、サイクルヒットを達成したオールスターゲーム以降の13試合で.333と高打率を残した

ちなみに8月は4試合で11安打を放ち.647の打率を残している

  • 岩崎、島本の活躍

6月に復帰した岩崎は10試合の登板で防御率1.32、20奪三振と安定感を見せている

開幕からフル回転の島本も10試合の登板で防御率0.00、さらには3勝するなど勝ち運も発揮した

  • ソラーテの加入

7日にメジャー通算75発の内野手、ヤンガービス・ソラーテを緊急補強として獲得

初出場となった26日の巨人戦で決勝2ランを放つと、30日には5回に逆転2ラン、9回には逆転サヨナラ2ランホームランをぶち込んで阪神ファンは狂喜乱舞

ただ、それ以降は打撃と守備の両面で苦しんでいる

 

8月成績予想 もう半分過ぎちゃってますが

27試合

11勝14敗 勝率.407

 

 

【プロスピ2019】対戦・ペナントの感想

はっきり言うと物足りません

 

正直2015でプロスピは終わりだと思ってたので出してくれただけでも感謝です

ただ、ちょっと触った程度でも不満に思った点が結構あります

悪い点

打撃の難易度が高い 

少しでも芯外すと凡ゴロ、ポップフライに。

打球音と打球速度が合わない

内野の間を抜く打球でも芯を外すとクソ軽い打球音が鳴ります。まるでバント。

カーソルがプルプル震える

ただでさえ難易度高くなってんのに、こんな事されたら死んじゃいますよ

AIの選球眼が良すぎる

低めの際どいとこにベストピッチの変化球を投げ込んでも平然と見送ってくるせいで空振りが取れません。シンプルに面白くない。

AIが四球を出さない

これが個人的に一番キツい。失投でもしない限りはカウント3-0からでもポンポンストライク投げ込んできます。四球なんてチーム全体で1試合に2つ貰えれば良い方でしょう。過去作はこんなに酷くなかったんですけどね…

失投は即死

今作は2度押しが結構難しく、なかなかベストピッチが出ません。それは良いのですが、失投を親の仇のように捉えやがる。どの球種でどのコースに行っても体感で8,9割は長打にされます。いくらなんでもやり過ぎでしょう。

f:id:fkdm8:20190723171023j:image

ほんとぉ〜??

モーションの使い回し

ちょっとウンザリしてしまった。8割ほどが使い回しのモーションです。それに加えて新しく追加されたモーションも違和感満載。ぎこちなくて人間とは思えませんね。

全体的にモッサリしてる

これはプロスピシリーズでは毎度の事ですね。処理速度の影響もあるのかもしれませんが、地味にストレスが溜まる。

外野手の定位置が前すぎる

普段からそんなとこ守らないでしょ?ってぐらい前にいます。おかげで内野のすぐ横を抜く打球がゴロでフェンスまで到達することもザラにあります。外野手版中間守備ってところでしょうか。

というかそもそも選手と球場のサイズバランスがおかしいのでは

頭身がおかしい

f:id:fkdm8:20190723004207p:imagef:id:fkdm8:20190726125921j:image

これキャプテン翼のゲームでしたっけ?違うよね?

特殊能力が見づらい

f:id:fkdm8:20190726124613j:image

過去作って確かL2とR2でページ切替して得能やら成績やら殆どの情報を見れたはずなんですよ。今作はタッチパッドの左側を押してページ切替する仕様になってます。得能もパワプロみたいに△ボタンを押さないと見ることができません。AI特性やらが追加されたのでその影響かもしれませんが

ペナントの入団交渉に駆け引き要素がない

これ大事。これまでFA選手と自由契約選手は10ターン制で交渉してたので、その選手や他球団の動きを伺いながらいくらで契約しようか考えてたんですが、パワプロと同じ一発勝負の仕様になってしまいました。残念。

 

良い点

グラフィックの進化

f:id:fkdm8:20190723175345j:image

PS4のゲームに慣れてしまってるので最初はそうでもなくね??と思ってましたが、PS3プロスピをプレイするとどれだけグラが進歩してるのかよく分かりますね。

選手個別AIの追加

f:id:fkdm8:20190723170342j:image

実際のデータをもとに各選手ごとの特性がAIのプレイに反映されるようになりました。見てるだけでも結構暇つぶしになります。とはいえ試合の時にいちいち見たりしないのでそれほどメリットはありませんが。

LIVE能力の更新

f:id:fkdm8:20190723170312j:image

2015までは数ヶ月ごとに行われるアップデートで選手の能力が更新されていましたが、今作から1週間ごとに、各球団数人ずつ活躍した選手をピックアップして能力更新するようになりました。数ヶ月ごとだとどうしてもタイムラグが起きてしまうのでこれは良いと思いますよ。

 

ざっと挙げただけでもこんなもんです。対戦とペナントモードをやっただけで全然まだやり込んでるっていうレベルではないので悪い所、良い所はもっとあると思います。ただ、正直言って個人的には「野球ゲーム」としてはあまり評価できる作品ではないかも。今後のアップデートに期待するしかないですね。

 

p.s. 家にあったプロスピ2014の方が楽しかったです。

 

 

【パワプロ2018・ペナント日記】5年でチームを日本一に 西武編 2年目

甲子園にオールスター見に行ったりいろいろしてたら1週間以上更新できませんでした。

 

さあ2年目。

f:id:fkdm8:20190716003029j:image

 

起用法はこんな感じで

投手

f:id:fkdm8:20190716003317j:image

野手

f:id:fkdm8:20190716003118j:image


f:id:fkdm8:20190716003059j:image

ノリノリのち覚醒
f:id:fkdm8:20190716003042j:image

しょっぱ…

 

ルーキーの能力が判明
f:id:fkdm8:20190716003107j:image

f:id:fkdm8:20190716004009j:image
f:id:fkdm8:20190716003020j:image
f:id:fkdm8:20190716003113j:image

首位ターンでオールスターです
f:id:fkdm8:20190716003137j:imagef:id:fkdm8:20190716003122j:image
f:id:fkdm8:20190716003033j:image

投手はマーティン、ヒース

野手は源田、森、山川、中村が選出

 

2020年は国際大会もありました
f:id:fkdm8:20190716003142j:image

決勝の9回にまさかの6失点でサヨナラ負け

中崎の命が危ない

リーグ戦再開です

f:id:fkdm8:20190717183519j:image

徐々に調子を落として日ハム、そして7ゲーム差まで離していたはずのSBにも先行を許す

 

シーズン終了です

f:id:fkdm8:20190716003005j:image

はい。

まあまだ2年目だから…

 

打者成績

f:id:fkdm8:20190717183909j:image

山川、世界のOHに肩を並べる

37歳とは思えないおかわりの成績

1年目にしては合格点の本西

 

投手成績
f:id:fkdm8:20190716003013j:image

おいまともな先発いねえのか!!!!!!!!

なんで中継ぎの武隈が10勝してんだよ!!!!!

 

タイトル
f:id:fkdm8:20190716003132j:image
f:id:fkdm8:20190716003052j:image

ベストナインは森、山川、源田、中村


f:id:fkdm8:20190716003102j:image

GGはルーキー本西、源田が受賞


f:id:fkdm8:20190716003008j:image
f:id:fkdm8:20190716003145j:image

新人王を本西

本塁打王打点王を山川

盗塁王を金子侑が獲得


f:id:fkdm8:20190716003148j:image

最多セーブをマーティンが獲得

 

2年目総括

今年もまた投手で苦しんだ。

とにかく1人でもいいからまともなピッチャーをくれ。

野手はようやっとる。本西なんかは正直もっとダメかと思ってたんで80点ぐらいあげてもいいんじゃないでしょうか。

 

次回はオフシーズンです。